エイジングケアレーザーで乾燥から肌を守る

エイジングケアレーザーは、乾燥肌の改善にも効果があります。肌の乾燥の原因はいろいろありますが、その一つは、肌表面に細かいひび割れが生じて水分が失われてしまうこと。年をとって肌のハリが無くなってくると、肌表面に隙間ができてしまいます。そうなると、肌の水分が蒸発しやすくなり、せっかく化粧水などで保湿を行っても、時間と共に肌がカサつくようになってしまうのです。肌を乾燥から守るためには、ハリを取り戻して肌表面をしっかりガードすることが大切になります。

エイジングケアレーザーに使われているのが、フラクショナルレーザーという美容皮膚科などでも使用されている美容効果に優れたレーザーです。肌の奥のコラーゲンに働きかけて、肌のハリを取り戻す効果があるため、乾燥肌の改善にもつながります。さらに、肌のターンオーバーを促進するため、肌が若々しさを保つことになり、水分をしっかり保持できるようになるのです。

肌が乾燥するとカサついてメイクのりが悪くなるだけでなく、水分がどんどん失われてシワができやすくなったり、紫外線を吸収しやすくなってシミができやすくなります。また、紫外線は肌の奥で活性酸素を作り出してしまうため、肌の老化にもつながるなど、乾燥を原因とする肌トラブルは後を絶ちません。美肌のためには、まず肌の乾燥を防ぎ、潤った状態をキープすることが大切。エイジングケアレーザーは、ターンオーバーを促して肌を若返らせるだけでなく、乾燥を防ぐことでそれをキープすることもできるのです。

美肌に欠かせない潤いで満たされませんか?!